年末年始大決算 FUJIYAMA RIBBON ネオンカラー 再帰反射ストレッチコード 3mm 9.14M巻 服飾 蛍光オレンジ 手芸 年末年始大決算 FUJIYAMA RIBBON ネオンカラー 再帰反射ストレッチコード 3mm 9.14M巻 服飾 蛍光オレンジ 手芸 1485円 FUJIYAMA RIBBON ネオンカラー 再帰反射ストレッチコード 3mm 蛍光オレンジ 9.14M巻 手芸 服飾 ホビー 手芸・画材 装飾材料 1485円 FUJIYAMA RIBBON ネオンカラー 再帰反射ストレッチコード 3mm 蛍光オレンジ 9.14M巻 手芸 服飾 ホビー 手芸・画材 装飾材料 /Dithyrambus104937.html,手芸,RIBBON,FUJIYAMA,ホビー , 手芸・画材 , 装飾材料,danisgroup.com,1485円,服飾,9.14M巻,再帰反射ストレッチコード,3mm,蛍光オレンジ,ネオンカラー /Dithyrambus104937.html,手芸,RIBBON,FUJIYAMA,ホビー , 手芸・画材 , 装飾材料,danisgroup.com,1485円,服飾,9.14M巻,再帰反射ストレッチコード,3mm,蛍光オレンジ,ネオンカラー

即出荷 年末年始大決算 FUJIYAMA RIBBON ネオンカラー 再帰反射ストレッチコード 3mm 9.14M巻 服飾 蛍光オレンジ 手芸

FUJIYAMA RIBBON ネオンカラー 再帰反射ストレッチコード 3mm 蛍光オレンジ 9.14M巻 手芸 服飾

1485円

FUJIYAMA RIBBON ネオンカラー 再帰反射ストレッチコード 3mm 蛍光オレンジ 9.14M巻 手芸 服飾

商品の説明

色:#153 蛍光オレンジ

・リフレクターと蛍光カラーで視認性が向上! 日本製の伸縮コード・
FUJIYAMA RIBBONの定番ストレッチコードシリーズ、ネオンカラーの再帰反射伸縮コードとなります。日本製のリフレクターを採用し、機能性や品質、デザイン性にも拘った製品であることは変わりませんが、昼間や夜明け、夕暮時に高視認性を発揮する蛍光色バージョンでのご用意。スポーツウェアや子供向けの衣料品のドローコードやファスナースライダー部分などで多くご採用いただいており、高視認性という「安全性」を高める目的のほか、ヴィヴィッドなアクセントカラーが「ファッション性」も高めるとご高評いただいております。せひあなたも使ってみませんか?

【商品詳細】
販売単位: 9.14メートル巻
幅: 約3mm(許容誤差+0.3mm)
材質: ポリエステル50% ゴム糸50%
厚み: 3.0mm
伸度: 130%
手触り: 滑らかで心地よく、やわらかすぎる事なくシャキッとややシッカリ
染色: 先染め
メーカー: Fujiyama Ribbon(日本メーカー製)

【ご用途】
・パーカーなどのドローコードとして
・ファスナースライダーとして
・袋物やリュックサックなどの絞り紐として
・靴ひもとして

【ご購入の際の注意点】
・ディスプレイ性能や設定などにより、商品写真の色と実物が多少異なる場合はあります
・念のため、使用用途に合ったテストをした後にご使用ください
・同じ色番でも染色ロットにより多少色目が異なることがあります
・変色する場合がありますので、漂白剤は使用しないでください
・人体の汗、飲料物等の付着物は、水洗い又はドライクリーニングによって除去してください
・継ぎ目の入る場合が稀にございますが、その際は余分を入れております

FUJIYAMA RIBBON ネオンカラー 再帰反射ストレッチコード 3mm 蛍光オレンジ 9.14M巻 手芸 服飾

感性認知脳科学専攻は、人の高次脳機能である「感性」について分野横断的研究と教育を推進しています。

行動科学領域

行動科学領域では、こころの働きおよび脳の機能について、人や動物の行動科学的研究を多角的に進めています。

神経科学領域

神経科学領域では、6 つの研究グループが分子から構造、そしてシステムに至る様々な観点から複雑な神経機能の解明に取り組んでいます。

感性デザイン学分野

感性デザイン学分野は人間のこころに関連した広範な研究課題を多方面から観察し、人間の感性に基づいて、デザイン開発の全プロセスを新たな観点で提案しています。

感性人間工学分野

よりよい製品やサービスのデザインを目指して、脳活動や行動指標による人間の知覚・認知特性の評価から産業応用のための標準化にいたる研究を行っています。

精神機能障害学分野

精神医学的手法・行動科学的手法・心理学的手法・生物学的手法を用いて、病態や障害の解明および対応方法の開発の研究を行っています。

システム脳科学分野

システム脳科学分野には武井・野上研究グループ、松本研究グループ、設楽研究グループがあります。